ソーダストリーム

【最新】ソーダストリームのGAIA(ガイア)を徹底レビュー!コスパやメリット・デメリットを解説

※ 当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています


2023年5月にソーダストリームから新しい炭酸水メーカー「GAIA(ガイア)」が販売開始しました!

画像は公式サイトより引用

GAIAの特徴は、「ガスシリンダーのセットはワンタッチ、ボトルのセットはねじ込み式」であること。

ボトルのセットをあえて不便なねじ込み式にしたうえで、価格を他のソーダストリーム新型モデルより抑えています。

確かにねじ込み式のボトルは、慣れないと扱いにくいものですが、それでもソーダストリームの新型モデル中最安であるのは、シンプルに魅力的です

個人的には、GAIAは炭酸水メーカー購入の際の選択肢として、十分入れるべきモデルだと思います。

この記事では、GAIAの特徴やメリット・デメリット、どんな人におすすめかについて、徹底的にレビュー解説します。

【新発売】ソーダストリームから「E-TERRA(E-テラ)」が登場!機能やメリット・デメリットを解説2023年6月6日、ソーダストリームから電動最新モデル「E-TERRA」が発売しました。E-TERRAの特徴は、ボトル装着、ガス装着、ガス注入のすべてが「ワンタッチ」となったこと。この記事では、E-TERRAのメリットやデメリットを徹底レビューします!...
【実機使用】ソーダストリームのART(アート)を徹底レビュー!使い方や口コミ、テラとの違いを解説ソーダストリームの「ART(アート)」を実際に使って徹底レビュー。ARTは2022年8月に発売した、ソーダストリーム最新の炭酸水メーカーです。この記事では、ARTの使い方や口コミ、TERRA(テラ)との違いについて解説します。...
タップで飛べる目次
  1. 【基本情報】ソーダストリームのGAIA(ガイア)はリーズナブルな価格が魅力の手動式炭酸水メーカー
  2. 【メリット】ソーダストリームのGAIAのおすすめポイント
  3. 【デメリット】ソーダストリームのGAIAのイマイチポイントは?
  4. ソーダストリームのGAIAのコスパは500mlあたり20円!強炭酸でも40円で作れる!
  5. 【比較】ソーダストリームのGAIAと他機種は何が違う?
  6. 【総合レビュー】ソーダストリームのGAIAは買うべき?どんな人におすすめ?
  7. ソーダストリームのGAIAはどこで買うのがおすすめ?
  8. まとめ

【基本情報】ソーダストリームのGAIA(ガイア)はリーズナブルな価格が魅力の手動式炭酸水メーカー

ソーダストリームのGAIAは、2023年5月に発売した、手動式炭酸水メーカーの下位モデルです

ソーダストリームGAIA
ソーダストリームのガイアは2023年5月発売の最新モデル。画像は公式サイト引用

基本スペックは、以下の通りです。

ブランドソーダストリーム
スターターキット価格13,200円
カラーホワイト
ブラック
コスパ(公式)20~35円
ガス注入方法手動シリンダー式
ボトルねじ込み式
ガスシリンダークイックコネクト(ワンタッチ)
サイズ幅13.5 × 奥行21.7 × 高さ43.0cm
重さ1,050g
保証期間最長4年
対応飲料水専用モデル

GAIAの特徴は、次の3つのポイントにまとめられます。

ソーダストリームGAIA(ガイア)の特徴
  • ソーダストリーム新型モデルの中でもっとも安い下位モデル!
  • ガスシリンダーはワンタッチで装着できるクイックコネクト
  • ボトルは装着口にねじ込んでセットするねじ込み式

1番の特徴は、何といっても安いということでしょう

ソーダストリームの新型モデルは、一番安いTERRAでも2023年4月の値上げによって16,500円となっているなか、13,200円というお手頃価格は素直に魅力です。

ガスシリンダーも最新のクイックコネクトを使用しており、ワンタッチで楽々交換できます。

一方で、ボトルの装着はねじ込み式という、古い形式を採用しています

ねじ込み式は取扱いが若干難しく、慣れないうちはうまくボトルをセットできずにストレスを感じてしまうかもしれません。

ソーダストリーム 楽天市場店
¥7,980 (2024/06/04 00:36時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で検索!
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで検索!

【メリット】ソーダストリームのGAIAのおすすめポイント

ここでは、ソーダストリームGAIAの魅力・おすすめポイントについて、もっと具体的に見ていきましょう!

GAIAの特に強調したいメリット・おすすめポイントは、以下の5つです。

ソーダストリームGAIAのおすすめポイント
  • 新型モデル中断トツに価格が安い
  • ガスシリンダーの装着がワンタッチで楽ちん
  • 食洗器対応のDWSボトルが同梱されている
  • 本体が軽く持ち運びやすい
  • 公式サイトに会員登録で4年間の長期保証

新型モデルの中では断トツに価格が安い!

GAIAはソーダストリームの新型モデルの中で、価格が断トツに安くなっています

ソーダストリームの”新型モデル“とは、「クイックコネクトガスシリンダー」を採用している機種のことです。

クイックコネクトガスシリンダー採用モデルの価格を比較すると、以下の表の通り。

モデル名スターターキット価格
GAIA13,200円
TERRA16,500円
ART22,000円
E-TERRA24,200円
DUO29,700円
表:ソーダストリーム新型モデル価格比較。並びは安い順

これまで最安だったTERRAと比べても、GAIAは3,000円以上安くなっています

この圧倒的な価格の安さは、GAIAの大きな魅力でしょう。

ガスシリンダーの装着がワンタッチで楽ちん!

GAIAでは、ガスシリンダーをワンタッチでセットできる「クイックコネクトガスシリンダー」を採用しています

ソーダストリームクイックコネクトガスシリンダー
ソーダストリームのクイックコネクトガスシリンダー。ピンク色が特徴

従来のねじ込み式ガスシリンダーでは、炭酸水メーカー本体をわざわざ横にしたり、持ち上げたりと、セットするのが大変でした。

GAIAで使えるクイックコネクトガスシリンダーであれば、格納場所にガスシリンダーをストンと置いて、固定具を下げるだけでセット完了!

クイックコネクトガスシリンダーの交換方法
クイックコネクトガスシリンダーは、ピンク色の固定具を下げるだけでセットできる。画像はTERRAでのガス交換の様子

ものの2~3秒でガスシリンダーのセットが完了します

ねじ込み式に比べて簡単にセットできるし、ケガしたり本体を傷つける恐れもない、とても便利な機能です!

クイックコネクトガスシリンダーの詳しい使い方については、以下の記事も参考にしてください。

【画像つき】ソーダストリームのガスシリンダーの交換方法は?ピンクと青の違いや対応機種も解説!ソーダストリームのガスシリンダーの交換方法を解説!ソーダストリームガスシリンダーの交換方法は、ワンタッチ式とねじ込み式の2種類があります。この記事では、正しいガスシリンダーの交換方法を画像付きで解説します。...

スターターキットは食洗器対応のDWSボトルがついてくる

GAIAのスターターキットには、70℃以下の食洗器洗浄に対応している「DWSボトル」が同梱されています

ソーダストリームのDWSボトル
ソーダストリームのDWSボトルは、70℃までの食洗器対応。GAIAスターターキットに同梱されている

DWSボトルは単品で買ったら2,200円もするため、シンプルにお得ですね。

ソーダストリームのボトルは丁寧に使えば2~4年は持つものですので、日々のお手入れが食洗器任せにできるのはうれしいポイント。

食洗器のあるご家庭であれば、大活躍すること間違いなしです!

ソーダストリームのボトルの期限は何年?互換性や種類、違い、洗い方まで徹底解説ソーダストリームのボトルについて使用期限や違い、互換性、洗い方など徹底解説!ソーダストリームのボトルには使用期限があり、期限切れものを使うと破損などの危険性があります。ボトルの違いや互換性など交換する際のポイントを紹介します。...

本体が軽く持ち運びやすい!

GAIAはソーダストリームの新型モデルの中でも、かなり軽い炭酸水メーカーです

重量を他機種と比較してみると、以下の通り。

モデル名本体重量
GAIA1,050g
TERRA1,300g
ART1,685g
E-TERRA1,800g
DUO2,700g
表:ソーダストリーム新型モデル重さ比較。並びは軽い順

表の通り、GAIAは他の新型モデルに比べて圧倒的に軽いです

掃除をしたいときや模様替えしたいときなど、ひょいと持って軽々どかすことができます。

また、サイズについてもGAIAはかなりコンパクトです

モデル名本体サイズ
E-TERRA幅13.0 × 奥行19.6 × 高さ42.7cm
TERRA幅13.5 × 奥行19.5 × 高さ42.5cm
GAIA幅13.5 × 奥行21.7 × 高さ43.0cm
ART幅15.5 × 奥行24.5 × 高さ42.5cm
DUO幅16.0 × 奥行27.5 × 高さ43.7cm
表:ソーダストリーム新型モデルサイズ比較。並びは幅の狭い順

TERRAやE-TERRAに比べると、若干奥行が長いくらいですが、十分コンパクトです。

アウトドアやパーティーなど、炭酸水メーカーを持ち運ぶ機会が多い人であれば、GAIAの軽さ・コンパクトさが大いに役立ってくれるでしょう。

公式サイトに会員登録で4年間の長期保証がつけられる!

GAIAはソーダストリームの公式サイトに会員登録することで、4年間の長期保証がつけられます

この特別な長期保証は、公式サイトで買った場合はもちろん、Amazonや楽天などのECサイト、または家電量販店で購入した場合ももらえます。

デメリットは特にない(強いていえば、ソーダストリームに個人情報を登録することくらい)ので、GAIAを購入した際は、ソーダストリームの公式サイトに会員登録しましょう!

\ソーダストリーム会員登録はこちらから/

【デメリット】ソーダストリームのGAIAのイマイチポイントは?

ここまでソーダストリームGAIAのメリットを紹介してきましたが、安いモデルであるためか、やはりデメリットもあります。

特に注意したいGAIAのイマイチポイントは、以下の3つ

ソーダストリームGAIAのイマイチポイント
  • ボトルの装着がねじ込み式でやりにくい
  • 本体のプラスチック感が強く安っぽい印象
  • 背面カバーが途中までしか外せない

ボトルの装着が古いタイプのねじ込み式でやりにくい

GAIAの最大のデメリットは、ボトル装着が古いタイプのねじ込み式である、ということです

ねじ込み式は、ボトルの口を本体の取り付け部にねじ込んで固定するタイプのセット方法になります。

このねじ込み式、水の入ったボトルを手で支えつつ、くるくる回してねじ込まなくてはならず、慣れないうちは結構やりにくいです

ソーダストリームのねじ込み式ボトル装着
ねじ込み式は水の入ったボトルを持ちながら装着口にねじ込むため、結構作業が大変。画像はねじ込み式のGENESIS Delux v2

人によっては、炭酸水を作るたびにストレスを感じてしまうかもしれません。

ボトルの取り付けで面倒な思いをしたくない人は、ワンタッチでセットできるスナップロック式を搭載したTERRAやARTを買うのがおすすめです

ソーダストリームのボトルの取り付け方については、以下の記事で詳しく解説しています。

ソーダストリームのボトルがはまらない!?原因や取り付け方、取り外し方を解説ソーダストリームのボトルがはまらない……と、困ってはいませんか?ソーダストリームのボトルは、正しく取り付けないと上手くはまらない場合があります。この記事では、ソーダストリームのボトルがはまらない原因や正しい取り付け方を解説します。...

本体のプラスチック感が強く安っぽい印象

GAIAの質感については、画像を確認したところ、かなりプラスチック感が強い印象です

質感的にはソーダストリームのTERRAとほとんど同じではないでしょうか。

GAIAの質感
画像を見るだけでわかるが、装飾といい、光沢といい、GAIAの質感はTERRAとかなり似ている印象

TERRAの質感については、レビュー記事で詳しく解説しましたが、かなりプラスチック感が強くて安っぽく、若干おもちゃっぽい印象を受けてしまいました

GAIAはTERRAの下位モデルなので、質感が似ているのは、まぁ、当然といえば当然ですね。

ただ、GAIAのデザインは、1世代前のGENESISシリーズよりヘッドが小さく、なかなかスマートで個人的には好印象な分、質感がしょぼいのはちょっと残念でした

背面カバーが途中までしか外せずガスシリンダーの装着が若干やりにくい

GAIAのガスシリンダー格納場所は、本体の背面にあります。

カバーを外して格納場所をあらわにし、ガスシリンダーをセットするのですが、公式の動画を見るとわかる通り、そのカバーが途中までしか外せません

本体下部まで外せないため、狭い格納場所にガスシリンダーを”差し込む”ような感じになり、若干作業しにくいのでは? と思いました

TERRAやARTでは、背面カバーはちゃんと下まで外せるし、格納場所も広いため、ストレスなくガスシリンダーが交換できます。

ソーダストリームのARTの背面カバー
ソーダストリームのARTでは、背面カバーが下まで外せるため、とても作業がやりやすい

実際に使用してみないと何とも言えないのは確かですが、GAIAの背面カバーの設計は、ちょっと気になる部分ではありました。

ソーダストリームのGAIAのコスパは500mlあたり20円!強炭酸でも40円で作れる!

気になるGAIAのコスパは、どのようになっているのでしょうか?

ソーダストリームのGAIAのコスパをまとめると、以下の表の通りです。

炭酸強度500mlあたりのコスパ
中炭酸60L交換用ガスシリンダー使用時:20円
60L新規購入用ガスシリンダー使用時:35円
強炭酸60L交換用ガスシリンダー使用時:40円
60L新規購入用ガスシリンダー使用時:69円
表:GAIAのコスパ(強炭酸は推定値)

GAIAのコスパは、公式のアナウンスでは500mlあたり20円となっています

ただし、これは中炭酸程度の強度の炭酸を作った場合です。

強炭酸を作る場合のコスパは、ソーダストリームの新型モデルであれば、40円前後となります

40円という数字の根拠は、以前、ARTとTERRAで私は実際に強炭酸を作ってコスパを計算しました。その結果、ガスシリンダー1本で、最低でも強炭酸30Lは作れました。

60Lガスシリンダーで30Lの強炭酸が作れるわけですので、コスパは公式アナウンスの20円を倍にして、40円程度だ、というように計算しています

同じ新型モデルであるGAIAについても、クイックコネクトガスシリンダーを使用しているため、コスパはARTやTERRAと同程度だと思われます

同じソーダストリームの炭酸水メーカーでも、SPIRITなどねじ込み式ガスシリンダーを使う旧型モデルでは、コスパが若干悪くなっている可能性があります。

以前、SPIRITで強炭酸のコスパを計算したところ、500mlあたり43円という結果になりました。

SPIRITのコスパについては、以下の記事を参考にしてください。

ソーダストリームのSPIRIT(スピリット)を徹底レビュー!使い方や口コミ、購入方法を解説ソーダストリームのSPIRIT(スピリット)を徹底レビュー!スピリットは、丸っこいデザインが特徴的なソーダストリームの炭酸水メーカーです。この記事では、スピリットの特徴やおすすめポイント、使い方、口コミ、購入方法などについて解説します。...

ちなみに、「新規購入用ガスシリンダー」というのは、いわば予備のガスシリンダーのことで、1~2本購入しておけば十分です。

そのため、炭酸水メーカーのコスパに関しては、基本的に交換用ガスシリンダーを使ったときのコスパを基準に考えればよいでしょう

ガスシリンダーの交換用・予備用の違いや、炭酸水メーカーのコスパ計算法については、以下の記事も参考にしてください

ソーダストリームガスシリンダーの交換用と予備用の違いとは?交換時の注意点も解説!ソーダストリームのガスシリンダーには、交換用と予備用の2種類があります。交換用は使い切ったガスシリンダーを返却することで安く購入できる商品です。この記事では、ソーダストリームガスシリンダーの違いや安く買う方法、交換時の注意点を解説します。...
『炭酸水メーカーはコスパ悪い』⇒間違いです!元が取れる日数やペットボトルとの比較を徹底解説「炭酸水メーカーはコスパが悪い」と思い込んでいませんか?その噂は間違いです!炭酸水メーカーを使えば強炭酸でも500mlあたり40円と、ペットボトル以上のコスパを実現できます。この記事では、炭酸水メーカーのコスパや元が取れる日数について正確に計算した数値をお伝えします。...

【比較】ソーダストリームのGAIAと他機種は何が違う?

ここでは、ソーダストリームのGAIAと他の機種を比較して、GAIAの特徴をさらに浮き彫りにしていこうと思います!

ソーダストリームの現行モデルをざっと比較すると、以下の表の通りです(発売日順)。

名称 価格 ガスシリンダー ボトル ガス注入方法 サイズ 重さ 保証期間
E-TERRA 24,200円 クイックコネクト スナップロック式 電動シリンダー式 幅13.0×奥行19.6×高さ42.7cm 1,800g 最長4年
GAIA 13,200円 クイックコネクト ねじ込み式 手動シリンダー式 幅15.5×奥行24.5×高さ42.5cm 1,685g 最長4年
ART 22,000円 クイックコネクト スナップロック式 手動シリンダー式 幅13.5×奥行19.5×高さ42.5cm 1,300g 最長4年
DUO 29,700円 クイックコネクト スナップロック式 手動シリンダー式 幅16.0×奥行27.5×高さ43.7cm 2,700g 最長4年
TERRA 16,500円 クイックコネクト スナップロック式 手動シリンダー式 幅13.5×奥行19.5×高さ42.5cm 1,300g 最長4年
SPIRIT One Touch 20,900円 ねじ込み式 スナップロック式 電動シリンダー式 幅13.0×奥行18.5×高さ42.0cm 1,492g 2年
SPIRIT 15,400円 ねじ込み式 スナップロック式 手動シリンダー式 幅13.0×奥行18.5×高さ42.0cm 1,100g 2年
GENESIS Delux v2 13,200円 ねじ込み式 ねじ込み式 手動シリンダー式 幅13.5×奥行23.5×高さ42.0cm 1,000g 2年
SOURCE v3 20,900円 ねじ込み式 スナップロック式 手動シリンダー式 幅12.4×奥行23.3×高さ42.3cm 2,100g 2年
SOURCE Power 31,900円 ねじ込み式 スナップロック式 電動シリンダー式 幅12.4×奥行23.3×高さ42.3cm 2,500g 2年

この比較表からわかるGAIAの特徴を、詳しく見ていきましょう!

TERRAやARTなど新型モデルとの比較では、最大の違いはボトルの装着方法!

TERRAやARTなど、他のソーダストリーム新型モデルとの違いは、やはりボトルの装着方法です

モデル名ボトルの取り付け方法
E-TERRAスナップロック式
GAIAねじ込み式
ARTスナップロック式
DUOスナップロック式
TERRAスナップロック式
表:ソーダストリーム新型モデルボトル取り付け方法比較。並びは発売日順

不便なねじ込み式を採用している分、GAIAはその他の新型モデルより価格が安くなっています

モデル名スターターキット価格
GAIA13,200円
TERRA16,500円
ART22,000円
E-TERRA24,200円
DUO29,700円
表:ソーダストリーム新型モデル価格比較。並びは安い順

ガスシリンダーや保証期間など、その他の点では、GAIAは他の新型モデルと基本的な機能は変わりません。

そのため、「ちょっと不便でも初期費用を安くしたい!」という方であれば、GAIAは購入の選択肢として十分考慮に入るモデルです。

SPIRITやSOURCE v3など旧型モデルとの比較では、ガスシリンダーの装着方法が大きく違う

GAIAとソーダストリームの旧型モデルとを比較すると、大きな違いはガスシリンダーの装着方法になります

モデル名ガスシリンダーの装着方法
GAIAクイックコネクト(ワンタッチ式)
SPIRIT One Touchねじ込み式
SPIRITねじ込み式
GENESIS Delux v2ねじ込み式
SOURCE v3ねじ込み式
SOURCE Powerねじ込み式
表:ソーダストリームGAIAと旧型モデルとのガスシリンダー装着方法比較。並びは発売日順

GAIAでは、ソーダストリーム最新の機能「クイックコネクトガスシリンダー」が採用されており、2~3秒でガスシリンダーがセットできます。

一方で、旧型モデルでは「ねじ込み式」が採用されており、ガスシリンダーの装着がかなり面倒です。

このように、旧型モデルと比較して高性能なGAIAですが、価格に関してもかなり優秀です

モデル名スターターキット価格
GAIA13,200円
GENESIS Delux v213,200円
SPIRIT15,400円
SPIRIT One Touch20,900円
SOURCE v320,900円
SOURCE Power31,900円
表:ソーダストリームGAIAと旧型モデル価格比較。並びは安い順

表の通り、GAIAは旧型モデルと比較しても非常に安い炭酸水メーカーとなっています。

旧型モデルよりも高性能で、なおかつ価格も安いGAIAは、購入する価値が十分あるといえるでしょう

ただし、旧型モデルは、アウトレットとして安く販売されていることがあります。

例えば、旧型モデルのSPIRITは、以前アウトレットで12,100円で購入できました(現在売り切れ)。

アウトレット販売については、2023年7月現在、公式サイトでもAmazonや楽天などのECサイトでも終了していますが、再開される可能性はゼロではありません。

旧型モデルをアウトレットで購入したい人は、公式サイトから最新情報をチェックしましょう。

\ソーダストリーム公式サイトはこちら/

デザインがもっとも近いのはGENESIS Delux v2だが、性能は向上している

ソーダストリームの炭酸水メーカーの中で、GAIAともっともデザインが似ているのは、GENESIS Delux v2です

ソーダストリームのGENESIS Delux v2
GAIAと一番デザインが似ているGENESIS Delux v2。同じねじ込み式を採用している

GAIAとGENESIS Delux v2のスペックを比較すると、以下の通りです。

GAIAGENESIS Delux v2
価格13,200円13,200円
ガス注入方法手動シリンダー式手動シリンダー式
ボトルねじ込み式ねじ込み式
ガスシリンダークイックコネクト(ワンタッチ)ねじ込み式
サイズ幅13.5 × 奥行21.7 × 高さ43.0cm幅13.5 × 奥行23.5 × 高さ42.0cm
重さ1,050g1,000g
保証期間最長4年2年
表:GAIAとGENESIS Delux v2の比較

価格やガス注入方法、ボトルの取り付け方は同じですが、その他の点で両者はかなり異なっています。

特に、クイックコネクトガスシリンダーの採用や最長4年の保証期間は、GENESIS Delux v2と比較してかなりアップデートされた部分です

同じねじ込み式のボトル取り付け方法を採用している2台ですが、今から買うなら、より性能のアップしたGAIAを選ぶのが間違いなくおすすめです。

【総合レビュー】ソーダストリームのGAIAは買うべき?どんな人におすすめ?

最後に総合レビューとして、結局GAIAは買うべきなのか? どんな人におすすめなのか? を、今まで紹介した内容を踏まえてお伝えします!

ソーダストリームのGAIAがおすすめな人の特徴

ソーダストリームのGAIAがおすすめなのは、次のような人です。

ソーダストリームのGAIAはこんな人におすすめ!
  • 炭酸水メーカーにかかる初期費用を抑えたい人
  • お得に炭酸水が飲めればそれでいい! と最低限の機能で満足な人
  • 多少の不便は許容できる人

GAIAがおすすめなのは、シンプルに初期費用を抑えたい人です

GAIA最大の特徴は、何といってもその安さです。

スターターキットが13,200円とソーダストリーム新型モデルの中で断トツに安く、炭酸水を作るコストも強炭酸で40円前後とお得になっています。

が、一方で、GAIAの最大のデメリットは、ボトルの取り付けがねじ込み式で不便だということです

これは、いわば安さの代償といったもので、仕方がありません。

この点を許容したうえで、なるべく安くて高性能な炭酸水メーカーが欲しい人なら、GAIAはぴったりでしょう。

ソーダストリームのGAIAが向いていない人の特徴

ソーダストリームのGAIAが向いていないのは、次のような人です。

ソーダストリームのGAIAが向いていない人
  • ストレスフリーで炭酸水を作りたい人
  • 子供と一緒に炭酸水を作りたい人
  • 高級感のある炭酸水メーカーが欲しい人

GAIAのネックは、やはりボトルがねじ込み式であること

水の入った重いボトルを支えながら、くるくるねじ込んでいく作業は、多少の慣れが必要で、最初はストレスを感じることが多くなりがちです。

特に、子供にとってGAIAの操作はかなり難しく、親子で炭酸ジュースを作って楽しむ、なんてことはなかなか厳しいかもしれません

また、デザイン自体はスタイリッシュなのですが、質感が安っぽいため、雰囲気のあるインテリアとしてはちょっと厳しいかな、といった印象です。

子供でも扱える簡単操作で、おしゃれ感もある炭酸水メーカーが欲しいなら、GAIAではなく同じ新型モデルの「ART」の方がずっとおすすめです

【実機使用】ソーダストリームのART(アート)を徹底レビュー!使い方や口コミ、テラとの違いを解説ソーダストリームの「ART(アート)」を実際に使って徹底レビュー。ARTは2022年8月に発売した、ソーダストリーム最新の炭酸水メーカーです。この記事では、ARTの使い方や口コミ、TERRA(テラ)との違いについて解説します。...

ソーダストリームのGAIAはどこで買うのがおすすめ?

ソーダストリームのGAIAは、以下の3つの場所で購入できます。

ソーダストリームのGAIAはどこで買える?
  • ソーダストリーム公式サイト
  • Amazonや楽天、YahooショッピングなどのECサイト
  • ソーダストリーム取扱店

GAIAスターターキットの価格は、基本的にどこでも同じ13,200円です

そのため、自分のなじみのある場所や、信頼できる場所で買うのがよいでしょう。

ただ、公式サイトではGAIAがすでにアウトレットとして販売されており、もしかすると、今後値下げがされるのかもしれません

※2023/07/26現在、GAIAはアウトレットから外れ、通常の製品ラインナップに入っています。

また、楽天では期間限定セールが行われており、10,890円で購入可能です(7月4日現在)

公式サイトや楽天については、今後もチェックしておいた方がよさそうです。

ソーダストリームの公式サイトがではGAIAがすでにアウトレットで販売されている(※2023/07/26追記)

ソーダストリーム公式サイトでは、GAIAがアウトレットとして販売されています

GAIAのアウトレット
ソーダストリームの公式サイトでは、製品ラインナップにGAIAはなく、なぜかアウトレットで販売されている(※2023/07/26現在、製品ラインナップに入っています)

スターターキットの価格は13,200円。本体に加えてガスシリンダー、DWSボトルがついてきます。

ただ、GAIAは2023年5月に販売開始したばかりのモデルで、アウトレットとして販売されているのは、さすがに不自然ですよね

ねじ込み式を採用しているから、という理由なのかもしれませんが、もしかすると、今後値下げして販売する予定があるのかもしれません。

ソーダストリームの公式サイトは、要チェックしておくのがおすすめです。

2023/07/26現在、GAIAは通常の製品ラインナップに入っています。
特に値下げ等もありませんので、13,200円のまま販売を継続するようですね、

Amazonや楽天、YahooショッピングでもGAIAスターターキットが購入できる

Amazonや楽天、YahooショッピングなどのECサイトでも、GAIAスターターキットが購入できます

ソーダストリーム 楽天市場店
¥7,980 (2024/06/04 00:36時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で検索!
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで検索!

価格についてですが、基本的にどこでも同じ13,200円です。

ただ、楽天のソーダストリーム公式店では、期間限定のセールが行われており、2,310円OFFの【10,890円】で購入できます(7月4日現在)

今GAIAを買うなら、楽天で購入するのがお得です。

GAIAの実物を見て判断したいなら取扱店での購入がおすすめ

GAIAを実際に見て、触れて判断したいなら、ソーダストリーム取扱店を訪れるのがよいでしょう

ソーダストリームの取扱店は、全国の家電量販店やリカーショップ、ショッピングモールなどたくさんあります。

ソーダストリーム取扱店の例
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ケーズデンキ
  • コジマ
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ツルハドラッグ
  • スギ薬局
  • カクヤス
  • ドン・キホーテ etc……

自宅近くの取扱店は、ソーダストリームの公式サイトから検索できます。

実演販売を行っている店舗もあるため、購入はネットでするとしても、一度訪れてみるのもおすすめですよ!

\ソーダストリーム取扱店検索はこちら!/

ただ、私の家から一番近いビックカメラ(都内)では、GAIAは販売していませんでした

もしかすると、最初からアウトレットとして販売されているGAIAは、取扱店では売っていないのかもしれません。

もちろん、私の行った店舗がたまたま取り扱っていなかった可能性はありますが、GAIA目当てに取扱店を訪れる際は、あまり期待せずに行った方がよいかもしれません。

まとめ

それでは最後にまとめとして、ソーダストリームの最新モデル「GAIA(ガイア)」がどんな人におすすめなのか、あらためてご紹介します!

ソーダストリームのGAIAはこんな人におすすめ!
  1. 炭酸水メーカーにかかる初期費用を抑えたい人
  2. お得に炭酸水が飲めればそれでいい! と最低限の機能で満足な人
  3. 多少の不便は許容できる人

ねじ込み式ボトルという不便な機能を採用しており、ソーダストリームの公式でも微妙な扱いのGAIAですが、個人的には全然アリな選択肢だと思っています

確かに、ねじ込み式はセットするのが大変だし、本体の質感もプラスチック感が強くて安っぽい印象ではあります。

しかし、デザインとしてはかなりスタイリッシュで、高級感こそないものの、それなりのインテリアとして活躍してくれそうです

それと、何度も繰り返していますが、やっぱり安いのは大きな強みです。

お手軽に購入できる炭酸水メーカー入門モデルとしては、GAIAは十分選択肢に入るのではないでしょうか

炭酸水メーカーはGAIAの他にもたくさんありますので、以下の比較記事などを参考にしつつ、ぜひあなたにぴったりの炭酸水メーカーを見つけてくださいね。

【比較表あり】炭酸水メーカーの最新おすすめランキング19選!選び方やコスパ、使い方まで徹底解説2023年最新のおすすめ炭酸水メーカーを比較表つきで18機種、ランキング形式で紹介!「自宅で気軽に炭酸水を楽しみたい!」という方には、炭酸水メーカーがおすすめです。炭酸水メーカーの選び方やコスパ、使い方まで徹底解説します。...
ソーダストリームとドリンクメイトを徹底比較!おすすめ炭酸水メーカーベスト3も紹介!ソーダストリームとドリンクメイトを徹底比較し、おすすめ機種ベスト3を紹介!ソーダストリームとドリンクメイトは、炭酸水メーカーの2大ブランドです。両者の細かい違いやどっちを買うべきかについて、7つのポイントから徹底解説します。...
ABOUT ME
santan
毎日2リットルの炭酸水を飲んでいる炭酸大好きな30代男性。2022年の冬にソーダストリームの「ART」を購入して以来、炭酸水メーカーの魅力にすっかりはまり、色々なマシンを試している。 2021年の春からダイエットのために酒⇒炭酸水に置き換え、半年で-10kgのダイエットに成功。お酒の割り材にしたり料理に使ったり、炭酸泉に入ったりと炭酸ライフを満喫中!