ガスシリンダー

ドリンクメイトのガスシリンダーの予備用と交換用の違いとは?値段がお得なのはどっち?

※ 当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています


ドリンクメイトのガスシリンダーの予備用と交換用って何が違うの?

コスパがいいのはどっち?

交換用ガスシリンダーを買う際の注意点ってある?

こんな疑問を抱えている人のために、この記事ではドリンクメイトのガスシリンダーの予備用と交換用の違いについて解説していきます!

予備用と交換用の違いを簡単に言うと、予備用とは文字通り予備として購入するもの、交換用は空のガスシリンダーと交換することで安く買えるものです。

予備用と交換用に品質の違いはありません。あるのは値段の違いだけです。

リピーターであれば、ガスが切れるたびに交換用ガスシリンダーを買って、空のガスシリンダーと交換するのが絶対におすすめです

ぜひこの記事を参考に、お得な炭酸ライフを楽しんでください!

ドリンクメイトのガスシリンダーの交換方法を解説!ネットや店舗で購入する方法も紹介ドリンクメイトのガスシリンダーの交換方法を画像付きで徹底解説!ドリンクメイトのガスシリンダーは、特別な器具なしに誰でも簡単に交換できます。この記事では、ガスシリンダーの交換方法やお得な購入方法について解説します。...
ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーはコスパ最強!60Lとの違いや互換性を解説ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーは、コスパ最強のガスシリンダーです。上手に使えば強炭酸でも500mlあたり18円で作ることができます。この記事では、ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーの特徴やコスパ、互換性を解説します。...

ドリンクメイトのガスシリンダーには予備用と交換用がある

ガスシリンダーの交換用と予備用の違い

ドリンクメイトのガスシリンダーには、予備用交換用という2つの商品があります。

予備用と交換用の違い
  • 予備用ガスシリンダー:予備として追加で1本購入するもの
  • 交換用ガスシリンダー:空のガスシリンダーと交換して新品を購入するもの

ドリンクメイトのガスシリンダーには、60Lと142Lのものが販売されていますが、そのどちらにも予備用と交換用があります。

ここでは、ドリンクメイトのガスシリンダーが予備用と交換用とで何が違うかを解説していきます。

予備用ガスシリンダーは新品のガスシリンダーを1本追加で購入するもの

予備用ガスシリンダーとは、今持っているものとは別に、新品のガスシリンダーを予備として購入するための商品です

予備用ガスシリンダーを持っておくメリットは、2つあります。

予備用ガスシリンダーのメリット
  • 突然ガスが切れても困らない
  • 効率よくガスシリンダーのローテーションができる

予備用ガスシリンダーを1本持っておけば、ガスが突然切れても炭酸水を飲み続けることができます。

また、予備用ガスシリンダーを使っている間に、ネットで交換用ガスシリンダーを注文すれば、効率よくガスシリンダーのローテーションができます。

ドリンクメイトのスターターセットには、60Lもしくは142Lのガスシリンダーが1本同梱されていますが、消費量の多い人だと1ヶ月も持ちません。

炭酸水を毎日たくさん飲みたい!」という人は、予備用ガスシリンダーを購入しておいて、突然ガスが切れるトラブルに備えておくとよいでしょう。

ドリンクメイト 公式楽天市場店
¥4,150 (2024/05/26 11:44時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で検索!
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで検索!

交換用ガスシリンダーは空のガスシリンダーと交換して安く買えるもの

交換用ガスシリンダーとは、空のガスシリンダーと交換することで、新品のガスシリンダーを安く購入できる商品です

購入するには空のガスシリンダーが必要なので、リピーター向けの商品となっています。

予備用ガスシリンダーの半額近くの値段で買えるため、空のガスシリンダーが手元にあるなら必ずこちらを購入しましょう。

¥2,160 (2023/02/02 15:22時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で検索!
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで検索!
¥3,542 (2023/04/09 18:14時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で検索!
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで検索!

ちなみに、交換用ガスシリンダーは空の60Lガスシリンダーから142Lマグナムガスシリンダーへ、空の142Lマグナムガスシリンダーから60Lガスシリンダーへの交換も可能です。

ただし、142Lマグナムガスシリンダーに対応している機種は限られているので、注意が必要です。

詳しくは、後の見出しで解説します。

ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーはコスパ最強!60Lとの違いや互換性を解説ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーは、コスパ最強のガスシリンダーです。上手に使えば強炭酸でも500mlあたり18円で作ることができます。この記事では、ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーの特徴やコスパ、互換性を解説します。...

ドリンクメイトのガスシリンダーは予備用と交換用で値段が違う!お得なのは圧倒的に交換用

ガスシリンダーの交換用と予備用のコスパ比較

ドリンクメイトのガスシリンダーは、交換用と予備用で大きく価格が変わります。

それぞれの価格は、以下の表の通りです。

交換用予備用
60Lガスシリンダー2,380円4,150円
142Lマグナムガスシリンダー3,980円7,300円
表:ドリンクメイトのガスシリンダー価格

ここでは、炭酸水を500ml作るのにかかるコストをそれぞれ計算し、コスパを検証していきます。

予備用は500mlあたり26~35円のコスパ

ドリンクメイトの予備用ガスシリンダーは、炭酸水を500mlあたり26円~35円で作れます

予備用ガスシリンダーのコスパをまとめると、以下の表の通りです。

価格1本で作れる炭酸水量500mlあたりのコスパ
60Lガスシリンダー3,672円60L35円
142Lマグナムガスシリンダー6,458円142L26円
表:予備用ガスシリンダーのコスパ。小数点以下四捨五入

26~35円と若干高めですが、市販のペットボトルよりは安くなる計算です。

ただし、この数字はあくまでも微炭酸を作ったときのコスパです。
強炭酸を作った場合は、ガスの減りが早まり、コスパは悪くなる可能性があります。

強炭酸を作ったときのコスパについては、シリーズ620で計算したことがあります。参考にしてください。

ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!口コミや使い方、マグナムグランドとの違いも解説ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!シリーズ620は、多機能かつコスパ抜群の炭酸水メーカーです。この記事では、シリーズ620を実際に使ってわかったおすすめポイントやイマイチポイント、マグナムグランドとの比較などを解説します。...

交換用は500mlあたり14~20円のコスパ

ドリンクメイトの交換用ガスシリンダーは、500mlあたり14~20円で炭酸水を作れます

交換用ガスシリンダーのコスパをまとめると、以下の表の通りです。

価格1本で作れる炭酸水量500mlあたりのコスパ
60Lガスシリンダー2,160円60L20円
142Lマグナムガスシリンダー3,542円142L14円
表:交換用ガスシリンダーのコスパ。小数点以下四捨五入

60Lガスシリンダーであれば最安20円、マグナムガスシリンダーであれば最安14円で作れる計算です

ただし、予備用と同様、強炭酸を作る場合はこれよりコスパが悪くなりますので、注意してください。

ガスシリンダーのコスパについては、以下の記事も参考にしてください。

『炭酸水メーカーはコスパ悪い』⇒間違いです!元が取れる日数やペットボトルとの比較を徹底解説「炭酸水メーカーはコスパが悪い」と思い込んでいませんか?その噂は間違いです!炭酸水メーカーを使えば強炭酸でも500mlあたり40円と、ペットボトル以上のコスパを実現できます。この記事では、炭酸水メーカーのコスパや元が取れる日数について正確に計算した数値をお伝えします。...

【参考】コスパ重視ならマグナムガスシリンダーがおすすめ!

コスパを重視するなら、マグナムガスシリンダーを利用しましょう

マグナムガスシリンダーであれば、微炭酸500mlあたり14~26円強炭酸でも最安23円で作れる計算です。

ただし、ドリンクメイトの炭酸水メーカーの中でも、マグナムガスシリンダーが使える機種は限られています

マグナムガスシリンダー対応機種
  • シリーズ630
  • シリーズ620
  • マグナムグランド
  • マグナムスマート

コスパ重視で炭酸水メーカーを選ぶなら、マグナムガスシリンダーが使える機種を選ぶのがおすすめです。

ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーはコスパ最強!60Lとの違いや互換性を解説ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーは、コスパ最強のガスシリンダーです。上手に使えば強炭酸でも500mlあたり18円で作ることができます。この記事では、ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーの特徴やコスパ、互換性を解説します。...

ドリンクメイトの交換用ガスシリンダーはAmazonや楽天、Yahooショッピングで買うのが値段的におすすめ!

ドリンクメイトの交換用ガスシリンダーはどこで買うべき?

ドリンクメイトをコスパ良く使うなら、お得な交換用ガスシリンダーを買いましょう

交換用ガスシリンダーは、Amazonや楽天、YahooショッピングなどのECサイトで購入するのがおすすめです。

特に、楽天やYahooショッピングで交換用ガスシリンダーを2本買えば、事前返却不要、送料無料で購入できます

交換方法送料無料金額
Amazon配送と同時に交換不明(おそらく5,000円)
楽天配送と同時に交換3,980円
Yahooショッピング配送と同時に交換3,980円
表:交換用ガスシリンダーが買えるECサイト比較

楽天やYahooショッピングであれば、3,980円以上の購入で送料無料となります

交換用60Lガスシリンダー2本買えば4,760円ですので、楽々送料無料になる計算です。

Amazonでは、送料無料金額がストアページに記載されていませんが、おそらく5,000円くらいが送料無料ラインと思われます。

Amazonで実際に試してみたところ、60Lガスシリンダー2本ではダメでしたが、マグナムガスシリンダーと60Lガスシリンダーを1本ずつ買えば送料無料となりました。
なので、5,000円くらいが送料無料ラインになっていると思われます。

なお、交換用ガスシリンダーを購入するには、空のガスシリンダーが必要です

ECサイトで交換用ガスシリンダーを購入したら、新品が送られてきます。

それと引き換えに空のガスシリンダーを配達員さんに返却すれば、手続き完了です。

交換用ガスシリンダーの買い方1
交換用ガスシリンダーを購入すると、画像のように新品のガスシリンダーが小包で送られてくる
交換用ガスシリンダーの買い方2
新品を取り出して、空のガスシリンダーを小包に入れて、配達員さんに伝票とともに返却すれば手続き完了
¥2,160 (2023/02/02 15:22時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で検索!
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで検索!
¥3,542 (2023/04/09 18:14時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で検索!
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで検索!

なお、交換用ガスシリンダーは、空のガスシリンダー1本につき1本のみです
交換用ガスシリンダーを2本買ったら2本の空のガスシリンダーが必要なので、必ず用意しておきましょう。

公式サイトでももちろん購入可能!ただし、送料無料は5,000円から

ドリンクメイトの公式サイトでも、交換用ガスシリンダーの購入が可能です

ドリンクメイト公式ショップ
ドリンクメイト公式サイトでもガスシリンダーは購入可能。画像は公式ショップ

公式サイトで購入した場合も、新品が送られてくるのと同時に、空のガスシリンダーを返却すればOKです。

ただし、送料無料となるのが5,000円以上購入からとなっています

60Lガスシリンダー2本では間に合いませんので、注意してください。

\公式サイトはこちら/

すぐに使いたい人は取扱店で買うのがベスト!

新品のガスシリンダーを今すぐ使いたい人は、近場のドリンクメイト取扱店で購入するのがベストです

購入方法は、空のガスシリンダーを取扱店に持っていき、新品の交換用ガスシリンダーと交換してもらいます。

価格は基本的にネットで買う場合と同じですが、店によっては安くなっていたり高くなっていたりするかもしれません。事前に正規価格を把握しておきましょう。

なお、ガスシリンダーの交換は、はじめて行く店舗でも受け付けてもらえます

一度購入した店舗でなくても大丈夫なので、近場の店舗で交換してもらいましょう。

\店舗検索はこちら/

ドリンクメイトのガスシリンダーを購入する際のポイント

ドリンクメイトの交換用ガスシリンダーを買う際の注意点

ドリンクメイトのガスシリンダーを購入するまえに、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

特に気をつけたいのは、以下の3点です。

ガスシリンダーを購入する際の注意点
  • ガスシリンダー対応機種を確認する
  • 60L⇒142Lへの交換も検討する
  • 空のガスシリンダーを勝手に処分しない

ここでは、これら3つの注意点について詳しく解説していきます。

マグナムガスシリンダー対応機種は限られているので注意!

60Lガスシリンダーは、ドリンクメイトのすべての機種で使えます。

一方、マグナムガスシリンダーが使えるのは、ドリンクメイトの炭酸水メーカーの中でも、以下の4機種に限られています

マグナムガスシリンダー対応機種
  • シリーズ630
  • シリーズ620
  • マグナムグランド
  • マグナムスマート

これらの機種を持っている方であれば、お得なマグナムガスシリンダーを購入するのがおすすめです。

ちなみに、これらの機種では、本体付属のアタッチメントをつけることで、60Lガスシリンダーも使えます。

シリーズ620のアタッチメント
シリーズ620のアタッチメント。これをつければ60Lガスシリンダーが使えるようになる

基本的にマグナムガスシリンダーを使うのが安くておすすめですが、60Lガスシリンダーしか手元にない場合でも使えはしますので、安心してください。

ドリンクメイトのガスシリンダーの交換方法を解説!ネットや店舗で購入する方法も紹介ドリンクメイトのガスシリンダーの交換方法を画像付きで徹底解説!ドリンクメイトのガスシリンダーは、特別な器具なしに誰でも簡単に交換できます。この記事では、ガスシリンダーの交換方法やお得な購入方法について解説します。...

空の60Lガスシリンダーとマグナムガスシリンダーを交換することも可能!

ドリンクメイトのガスシリンダーは、60L⇒142Lへの交換が可能です

空の60Lガスシリンダーさえ手元にあれば、交換用142Lマグナムガスシリンダーと交換してもらえます。

購入方法は、ネットでも取扱店でもOKです。

「マグナムガスシリンダーが欲しいけど60Lガスシリンダーしか手元にない……」という方は、問題なく交換できますので、ぜひこの機会に乗り換えてはいかがでしょうか?

ガスシリンダーは勝手に処分するのはご法度!使わなくなったらドリンクメイトに返却しよう

ドリンクメイトのガスシリンダーは、レンタル品です。空になっても勝手に捨ててはいけません

自己判断で処理した場合、法的な処罰を受ける可能性があります。

空のガスシリンダーは、交換用ガスシリンダーと交換するか、ドリンクメイトに直接返却してください。

まとめ

まとめ

それでは、ドリンクメイトの予備用・交換用ガスシリンダーについて、今回ご紹介したことをまとめます!

まとめ
  • 予備用ガスシリンダーは、新品のガスシリンダーを予備として追加で購入するもの
  • 交換用ガスシリンダーは、空のガスシリンダーと交換することで安く新品を購入するもの
  • 交換用ガスシリンダーの方が、予備用よりもお得に炭酸水を楽しめる
  • 交換用ガスシリンダーはAmazonや楽天などのECサイトドリンクメイト公式サイト取扱店などで購入できる
  • マグナムガスシリンダーが使える機種は限られている
  • 60Lガスシリンダーから142Lマグナムガスシリンダーへの交換も可能
  • ガスシリンダーを勝手に処分してはいけない

ドリンクメイトをお得に使うなら、必ず交換用ガスシリンダーを買うようにしましょう。

個人的には、予備用ガスシリンダーは、最低でも1本、できれば2本買っておけば十分だと思います

2本あれば片方が空になってもすぐ使えるし、2本とも空になったら楽天などで送料無料で交換できます。

また、マグナムガスシリンダーに対応している機種であれば、それを使うのが絶対におすすめです

マグナムガスシリンダーに対応している機種は限られているため、炭酸水メーカーの購入を検討している人は、買う前に必ずチェックしておきましょう。

炭酸水メーカーの使い方・コツ・仕組み・注意点まとめ!自宅で安全においしい強炭酸を作る方法炭酸水メーカーの使い方やコツ、仕組み、注意点をまとめて解説!炭酸水メーカーは、自宅で誰でも簡単に炭酸水を作れるマシンです。この記事では、初めて炭酸水メーカーを買う人のために、基本的な使い方や注意点を画像付きで解説します。...
『炭酸水メーカーはコスパ悪い』⇒間違いです!元が取れる日数やペットボトルとの比較を徹底解説「炭酸水メーカーはコスパが悪い」と思い込んでいませんか?その噂は間違いです!炭酸水メーカーを使えば強炭酸でも500mlあたり40円と、ペットボトル以上のコスパを実現できます。この記事では、炭酸水メーカーのコスパや元が取れる日数について正確に計算した数値をお伝えします。...
ABOUT ME
santan
毎日2リットルの炭酸水を飲んでいる炭酸大好きな30代男性。2022年の冬にソーダストリームの「ART」を購入して以来、炭酸水メーカーの魅力にすっかりはまり、色々なマシンを試している。 2021年の春からダイエットのために酒⇒炭酸水に置き換え、半年で-10kgのダイエットに成功。お酒の割り材にしたり料理に使ったり、炭酸泉に入ったりと炭酸ライフを満喫中!