ドリンクメイト

【実機使用】ドリンクメイトのシリーズ601をレビュー!おすすめポイントやデメリット、口コミを紹介

※ 当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています


今回レビューするのは、ドリンクメイトの炭酸水メーカー『シリーズ601』!

ドリンクメイトのシリーズ601
ドリンクメイトのシリーズ601。箱形のシンプルデザインが特徴的

『シリーズ601』は、同日に発売した『シリーズ620』の下位モデルで、自動ガス注入機能を搭載した便利な炭酸水メーカーです

ボトルをセットし、ボタンを押すだけで自動的に炭酸水を作ってくれるため、面倒くさくなく効率的! 電源も必要なく、かなり使い勝手の良い炭酸水メーカーです。

一方で、上位機種のシリーズ620に比べると、ガスの調節ができないなど、ちょっと残念な部分も見つかりました

この記事では、ドリンクメイトのシリーズ601を実際に使ってわかったおすすめポイントやイマイチポイント、どんな人ならおすすめか? について解説します!

ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!口コミや使い方、マグナムグランドとの違いも解説ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!シリーズ620は、多機能かつコスパ抜群の炭酸水メーカーです。この記事では、シリーズ620を実際に使ってわかったおすすめポイントやイマイチポイント、マグナムグランドとの比較などを解説します。...
ドリンクメイトのベーシックを徹底レビュー!特徴や使い方、口コミ、コスパを解説ドリンクメイトの「ベーシック」を徹底レビュー!ベーシックは、お酒やジュースにも対応している、シンプルながら高機能な炭酸水メーカーです。この記事では、ベーシックの特徴や口コミ、使い方、コスパについて解説します。...
タップで飛べる目次
  1. 【基本情報】ドリンクメイトの『シリーズ601』は、自動ガス注入機能搭載のスタンダードモデル
  2. 【特徴】シリーズ601の特徴を3つのポイントにまとめてみた!
  3. 【実機で調査】ドリンクメイト『シリーズ601』のコスパは、強炭酸500mlあたり31円!
  4. 【メリット】実際に使ってわかったドリンクメイト『シリーズ601』のおすすめポイント!
  5. 【デメリット】実際に使って気づいたドリンクメイト『シリーズ601』のイマイチポイント
  6. 【比較】ドリンクメイトの『シリーズ601』は他機種と何が違う?
  7. 【総合レビュー】ドリンクメイトの『シリーズ601』は買うべき?どんな人におすすめ?
  8. 【口コミ】ドリンクメイトの『シリーズ601』を買ったみんなの感想は?
  9. ドリンクメイトの『シリーズ601』はどこで買うのがおすすめ?
  10. ドリンクメイトの『シリーズ601』の基本的な使い方
  11. まとめ

【基本情報】ドリンクメイトの『シリーズ601』は、自動ガス注入機能搭載のスタンダードモデル

ドリンクメイトシリーズ601の基本スペック

ドリンクメイトの『シリーズ601』は、2020年6月に販売を開始した、自動ガス注入機能搭載の炭酸水メーカーです

ドリンクメイトのシリーズ601スターターセット
ドリンクメイトのシリーズ601のスターターセットは、本体にガスシリンダー、Lボトルがついてくる。特別セットならSボトルも

同時期に発売した『シリーズ620』の下位モデルにあたる機種で、価格も2,000円ほど安くなっています。

『シリーズ601』の基本スペックは、以下の通り。

ブランドドリンクメイト
スターターセット価格16,368円
カラーホワイト
ブラック
ガス注入方法手動シリンダー式
ガス自動注入機能あり
ガス強度調節機能なし
ボトルスナップロック式
ガスシリンダーねじ込み式
サイズ幅12.5 × 奥行22.0 × 高さ41.3cm
重さ1,700g
保証期間1年
対応飲料水以外対応モデル

私が『シリーズ601』を購入したのは2023年の2月ころ。上位モデルの『シリーズ620』と比較するため、フリマサイトで中古を購入しました。

ただ、この中古品、本体は問題なかったのですが、インフューザーが故障しており、ガスが途中で出なくなることがしばしばありました。

なので、今回のレビューではインフューザーだけ正常に動くものに取り換えて使用しています

今回のケースは簡単に対応できるトラブルでしたが、中古の炭酸水メーカーは、まったく動作しないものが売られていることもあり、購入するのはおすすめできません。

↓実際にあったトラブル例。

【保証切れ】ソーダストリームの修理を依頼した結果……費用や自分で直すことが可能か解説ソーダストリームの炭酸水メーカーは保証が切れても修理してもらえるのでしょうか?調査の結果、保証が切れた場合は基本的に買い替えるしかありませんでした。この記事では、ソーダストリームの修理にかかる費用目安や自分で直すことができるかを解説します。...

炭酸水メーカーを買う際は、新品のものを購入するようにしてください。

【特徴】シリーズ601の特徴を3つのポイントにまとめてみた!

ドリンクメイトシリーズ601の3つのポイント

シリーズ601の特徴は、次の3つのポイントにまとめられます。

ドリンクメイト『シリーズ601』の特徴
  • ボタンを1回押し込むだけで炭酸が作れる「自動ガス注入機能」搭載!
  • 水以外のジュースやお酒にも炭酸を注入可能!
  • ただし、炭酸強度の調節はできないので注意

シリーズ601のもっとも大きな特徴は、「自動ガス注入機能」を搭載していることです

ボタンを1回押すだけでガスが自動で注入され、実際に使ってみるとかなり便利です。

また、ドリンクメイトの他機種と同様に、ジュースやお酒にももちろん炭酸を入れられます。

ただし、自動ガス注入機能では炭酸の強度が調節できません

一応手動で微調整はできるのですが、自動でガス調節ができる上位モデル『シリーズ620』に比べれば、若干不便ではあります。

【実機で調査】ドリンクメイト『シリーズ601』のコスパは、強炭酸500mlあたり31円!

ドリンクメイトシリーズ601のコスパ

炭酸水メーカーを買う時に、何より気になるのがコスパです。

今回私は、実際に『シリーズ601』を使用して、1本のガスシリンダーで何リットルの炭酸水が作れるのか調査しました!

その結果判明したシリーズ601のコスパは、以下の通りです。

炭酸強度作れた炭酸水量500mlあたりのコスト
シリーズ601強炭酸Lサイズボトル41本31円
(参考)ウィルキンソン71円
(参考)ZAO SODA49円
表:シリーズ601のコスパ。Lサイズボトルは適正容量850mlで計算。ウィルキンソンは2023/07/11時点のAmazon価格、ZAO SODAはお得定期便価格を参考

シリーズ601のコスパは、自動ガス注入機能を使用して【500mlあたり31円】という結果になりました!

公式では500mlあたり18円とうたっていますが、さすがにそこまでは安くないものの、ペットボトルに比べればかなりお得です。

ただし、自動ガス注入機能を使ったあとに、追加でガスを入れて微調整などした場合は、コスパはこれよりも悪くなるため注意してください。

ちなみに、シリーズ601では炭酸強度の調節機能はないため、自動ガス注入機能を使った場合は強炭酸しか作れません。

なので、普通にシリーズ601を使っていたら、誰が使っても大体500mlあたり31円前後になるでしょう。

【メリット】実際に使ってわかったドリンクメイト『シリーズ601』のおすすめポイント!

ドリンクメイトシリーズ601のおすすめポイント

ここからは、シリーズ601を実際に使ってわかったおすすめポイントを紹介していきます!

特にいいな、と思ったポイントは、次の7点

ドリンクメイト『シリーズ601』のおすすめポイント
  • 自動ガス注入機能で炭酸づくりが楽ちん!
  • 自動ガス注入なのに電源コードがいらない!
  • 市販のペットボトル並みの強炭酸が作れる!
  • 炭酸は泡のきめが細かく割り材として最適!
  • 水以外にも炭酸を注入できる!
  • 新型インフューザーはガス抜きも簡単操作で可能!
  • ボトルの装着はスナップロック式でワンタッチ!

自動ガス注入機能で炭酸づくりが楽ちん!

おすすめポイント1【自動ガス注入】

シリーズ601の目玉である「自動ガス注入機能」は、使ってみるとかなり便利です

ボタンを深く押し込むだけで勝手に炭酸水を作ってくれるため、その間にちょっとした作業なんかもできて、暮らしが効率化します。

シリーズ601の自動ガス注入機能
自動ガス注入機能を使えば、ボタンを押していなくても自動でガスが注入される

ただ、ボタンが重たいため、両手でしっかり押し込まなくてはなりません。

棚の高い位置などに収納しながら使うのは、ちょっと厳しいかもしれませんね。

自動ガス注入なのに電源がいらない!

おすすめポイント2【電源いらず】

シリーズ601は自動で炭酸ガスを注入してくれますが、電源コードは必要ありません

シリーズ601の背面
シリーズ601は背面を見てもコードがない。電源いらずで自動注入ができる

電動タイプの炭酸水メーカーは、確かに自動でガスを注入できて便利なのですが、コンセントを確保しなくてはならないため、置き場所が限定されてしまうのがネックです。

こういったデメリットのないシリーズ601は、自動で炭酸水を作れるモデルが欲しい人にはかなりおすすめです!

市販のペットボトル並みの十分な強炭酸が作れる!

おすすめポイント3【強炭酸が作れる】

シリーズ601で作った強炭酸は、市販のペットボトルと同程度の十分な強度です

しっかりした炭酸の刺激を感じられます。

ただ、炭酸の泡が市販のものよりキメ細やかなため、人によっては刺激が弱いと感じるかもしれません。

ちなみに、上位機種の「シリーズ620」と比較すると、若干炭酸は弱いかな、という印象です。

シリーズ620はガスの強度調節が可能で、その設定を最強にした炭酸水に比べると、シリーズ601の強炭酸は若干弱い印象でした。

炭酸は泡のきめが細かく割り材として最適!

おすすめポイント4【泡がきめ細かい】

シリーズ601で作った炭酸水は、泡がきめ細やかで、のど越しが非常によく飲みやすくなっています

強炭酸が苦手な人でも、シリーズ601の強炭酸なら案外飲めるのではないでしょうか。

また、お酒やジュースの割り材としては、シリーズ601の炭酸水は最適だと感じました。

好みが分かれるかもしれませんが、個人的には泡のキメが細かな炭酸水は、非常に飲み心地が良くて好印象でした。

水以外にも炭酸を注入できる!

おすすめポイント5【水以外もOK】

これはドリンクメイトの炭酸水メーカー全般に言える特徴ですが、やっぱり水以外にも炭酸を入れられるのは楽しいです!

個人的には、ワインや日本酒を自宅で簡単にスパークリングにできるのは、とてもうれしいポイント。

もちろん、気の抜けたコーラやビールなんかも復活させることができます。

ただ、ドリンクメイトのボトルは食洗器が使えず、手入れが大変なため、におい移りなどが気になる方は、お酒やジュース専用のボトルを追加で買ってもよいかもしれません

ドリンクメイトのボトルについては、以下の記事で詳しく紹介しています!

ドリンクメイトのボトルの種類はいくつある?互換性のあるボトルについても解説ドリンクメイトのボトルの種類について徹底解説!ドリンクメイトのボトルは、プラスチック製とステンレス製の2種類があり、すべての機種で互換性があります。この記事では、ドリンクメイトのボトルについて種類や互換性、使用期限などについて解説します。...

新型インフューザーはガス抜きも簡単操作で可能!

おすすめポイント6【ガス抜きが簡単】

ドリンクメイトのシリーズ601では、リニューアルされた新型インフューザーを採用しています

ドリンクメイトの新型インフューザー
ドリンクメイトの新型インフューザー。側面にガス抜き用のレバーがついているのが特徴。

インフューザーは、ボトルを密閉して中身が噴出さないようにするためのもの。

新型インフューザーでは、側面のレバーを引いて中のガスを抜くことができます。

新型インフューザーでガス抜きする
新型インフューザーでは、側面のレバーを引いてガス抜きする。片手でできて楽ちん!

ワンタッチでガス抜きができ、操作性が旧式インフューザーより向上した印象で、非常に楽ちんです!

新型・旧型インフューザーの違いについては、以下の記事で解説しています。

ドリンクメイトのインフューザーには2種類ある!違いや対応機種を徹底解説ドリンクメイトのインフューザーには、新型と旧型の2種類があります。2つのインフューザーは対応機種が違っているため、購入の際には注意してください。この記事では、ドリンクメイトのインフューザーの違いや互換性、使い方について解説します。...

ボトルの装着はスナップロック式でワンタッチ!

おすすめポイント7【ボトル装着が楽】

シリーズ601のボトル装着は、ワンタッチでできるスナップロック式

インフューザーをつけたボトルを本体の装着口にはめて、右に回して固定します。

シリーズ601のボトル装着
ドリンクメイトのシリーズ601では、ボトルを装着口にはめて右に回して固定するスナップロック式

後の見出しで解説する通り、ちょっとコツは要りますが、ねじ込み式ほどの難しさはなく、子供でも簡単にセットできるでしょう。

なお、炭酸水メーカーのボトルの装着方法は、いくつかの種類があります。以下の記事を参考にしてください。

ソーダストリームのボトルがはまらない!?原因や取り付け方、取り外し方を解説ソーダストリームのボトルがはまらない……と、困ってはいませんか?ソーダストリームのボトルは、正しく取り付けないと上手くはまらない場合があります。この記事では、ソーダストリームのボトルがはまらない原因や正しい取り付け方を解説します。...

【デメリット】実際に使って気づいたドリンクメイト『シリーズ601』のイマイチポイント

ドリンクメイトシリーズ601のイマイチポイント

自動ガス注入機能を搭載して便利なシリーズ601ですが、いくつか使いにくさを感じた点もありました。

具体的には、以下の6つの点がイマイチだと感じたポイントです。

ドリンクメイトのシリーズ601のイマイチポイント
  • コスパ抜群のマグナムガスシリンダーが使えない
  • ガス注入ボタンが重い
  • ガスの強度調節ができない
  • ガス注入時の音が若干うるさい
  • ガスシリンダーの装着がねじ込み式で面倒
  • ボトルやインフューザーの手入れが面倒

コスパ抜群のマグナムガスシリンダーが使えない

イマイチポイント1【コスパがまずまず】

ドリンクメイトからは、マグナムガスシリンダーというコスパの良いガスシリンダーが販売されています。

ドリンクメイトのマグナムガスシリンダー
ドリンクメイトのマグナムガスシリンダー。1本で142Lの炭酸水が作れる(微炭酸の場合)

このマグナムガスシリンダー、シリーズ601では使えません

上位モデルの『シリーズ620』であればマグナムガスシリンダーが使え、強炭酸でも20円前後で作れます。

マグナムガスシリンダーが使える機種に比べてコスパが悪いのは、シリーズ601の明確な弱点だといえます。

ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーはコスパ最強!60Lとの違いや互換性を解説ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーは、コスパ最強のガスシリンダーです。上手に使えば強炭酸でも500mlあたり18円で作ることができます。この記事では、ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーの特徴やコスパ、互換性を解説します。...

ガス注入ボタンが重い

イマイチポイント2【ボタンが重い】

シリーズ601の自動ガス注入機能は、本体上部のボタンを押し込んで使用します。

シリーズ601のガス注入ボタン
シリーズ601のガス注入ボタン。自動ガス注入機能を使うには底まで押し込まねばならず、これが結構重いのがネック

このボタンが、結構重い

私でも両手の親指で押し込まなくてはならず、子供なんかが操作するのはかなり厳しいのではないでしょうか。

ジュースにも炭酸が入れられるシリーズ601で、子供が操作しにくいのは、ちょっと残念なポイントですね。

ガスの強度調節ができない

イマイチポイント3【強度調節不可】

シリーズ601では、自動ガス注入機能を使ったときにガスの強度調節ができません

つまり、自動ガス注入機能を使ったら、強炭酸しか作れないわけです。

「微炭酸や中炭酸くらいが飲みたい……」という人は、強度調節ができる『シリーズ620』の方がおすすめです。

ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!口コミや使い方、マグナムグランドとの違いも解説ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!シリーズ620は、多機能かつコスパ抜群の炭酸水メーカーです。この記事では、シリーズ620を実際に使ってわかったおすすめポイントやイマイチポイント、マグナムグランドとの比較などを解説します。...

ガス注入時の音が若干うるさい

イマイチポイント4【音がうるさい】

私はそれほど気にならないのですが、口コミなどを見ると、ガス注入時の音がうるさいと感じる人が多いようです。

確かに、自動ガス注入機能を使うと、「ピュー!」という大きな音が鳴って、人によってはうるさいと感じるかもしれません。

集合住宅などで深夜使うのは、近所迷惑になる可能性もあり、注意が必要です。

ガスシリンダーの装着がねじ込み式で面倒

イマイチポイント5【ガス装着が面倒】

シリーズ601では、ガスシリンダーの装着がねじ込み式となっています。

シリーズ601のガスシリンダーセット方法
シリーズ601ではガスシリンダーはねじ込み式。画像は片手でやっているが、実際は両手でやったり本体を寝かした方がやりやすい

ねじ込み式は特に珍しい装着方法ではないのですが、ソーダストリームで採用されている「クイックコネクト(ワンタッチ式)」に比べると、やはり面倒です。

ガスシリンダーの交換は頻繁にやる作業でもないため、大きな問題はないかもしれませんが、こういうデメリットもあることは頭の片隅に置いておいてもよいでしょう。

ドリンクメイトのガスシリンダーのつけ方については、以下の記事で解説しています。

ドリンクメイトのガスシリンダーの交換方法を解説!ネットや店舗で購入する方法も紹介ドリンクメイトのガスシリンダーの交換方法を画像付きで徹底解説!ドリンクメイトのガスシリンダーは、特別な器具なしに誰でも簡単に交換できます。この記事では、ガスシリンダーの交換方法やお得な購入方法について解説します。...

ボトルやインフューザーの手入れが面倒

イマイチポイント6【手入れが面倒】

シリーズ601のような水以外にも対応しているモデルは、水専用モデルよりも手入れが大変です

インフューザーや本体の内部パーツなどを取り外し、洗わなくてはなりません。

シリーズ601のパーツ
ドリンクメイトのシリーズ601では、パーツを取り外して個別に洗う必要がある
シリーズ601のパーツを取り外す
黒いパーツは本体の装着口の奥にある。ジュースやお酒に使った後は必ず洗い、しっかり乾かしてから装着しよう

また、ボトルは食洗器に対応しておらず、しっかり手入れするにはブラシなどが必要です。

ただ、シリーズ601を手入れするのは、基本的に水以外のジュースやお酒に炭酸を注入した後です

水だけを炭酸化する分には、ここまでしっかり手入れする必要はありません。ボトルをすすぐくらいでOKです。

もちろん、気になる人は毎回中性洗剤で洗ってもよいでしょう。

【比較】ドリンクメイトの『シリーズ601』は他機種と何が違う?

ドリンクメイトシリーズ601を他機種と比較

ここでは、『シリーズ601』をドリンクメイトの他機種と比較し、その特徴をさらに浮き彫りにさせていこうと思います!

ドリンクメイトの現行モデルをザっと比較すると、以下の一覧表の通りです。

名称 価格 ガスシリンダー ボトル装着 対応する飲み物 ガス注入方法 自動ガス注入機能 ガス強度調節機能 マグナムガスシリンダー サイズ 重さ 保証期間
シリーズ630 28,900円 ねじ込み式 スナップロック式 水以外OK 電動シリンダー式 〇(6段階) 幅13.5 × 奥行23.0 × 高さ42.5cm 2,450g 1年
シリーズ620 18,568円 ねじ込み式 スナップロック式 水以外OK 手動シリンダー式 〇(4段階) 幅13.5 × 奥行23.0 × 高さ42.5cm 2,000g 1年
シリーズ601 16,368円 ねじ込み式 スナップロック式 水以外OK 手動シリンダー式 × × 幅12.5 × 奥行22.0 × 高さ41.3cm 1,700g 1年
ベーシック 16,368円 ねじ込み式 スナップロック式 水以外OK 手動シリンダー式 × × × 幅12.6 × 奥行20.6 × 高さ41.1cm 1,200g 1年
マグナムグランド 21,868円 ねじ込み式 スナップロック式 水以外OK 手動シリンダー式 × × 幅17.1 × 奥行21.1 × 高さ42.9cm 1,600g 1年
シリーズ560 13,618円 ねじ込み式 スナップロック式 水専用 手動シリンダー式 × × 幅12.5 × 奥行21.4 × 高さ41.3cm 1,200g 1年
マグナムスマート 10,868円 ねじ込み式 スナップロック式 水専用 手動シリンダー式 × × 幅13.5 × 奥行23.6 × 42.9cm 1,600g 1年

この比較表から、ドリンクメイトの他機種とシリーズ601との違いを詳しく見ていきましょう!

『シリーズ620』との違いは強度調節機能の有無!『シリーズ601』では炭酸の強度が調節できない

シリーズ601の上位モデルである『シリーズ620』との違いは、炭酸強度の調節機能の有無です。

シリーズ620では、自動ガス注入機能を使ったとき、炭酸水をどのくらいの強度にするか4段階から設定できます。

シリーズ620のガス強度調節つまみ
シリーズ620のガス強度調節つまみ。「弱・中・強・最強」の4段階から設定できる

この機能のおかげで、シリーズ620では微炭酸から強炭酸まで、炭酸の強度を自在に変えて、自分好みの炭酸水を作ることができます

一方、シリーズ601にはガスの強度調節機能がなく、自動ガス注入機能を使えば強炭酸しか作れません。

ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!口コミや使い方、マグナムグランドとの違いも解説ドリンクメイトのシリーズ620を徹底レビュー!シリーズ620は、多機能かつコスパ抜群の炭酸水メーカーです。この記事では、シリーズ620を実際に使ってわかったおすすめポイントやイマイチポイント、マグナムグランドとの比較などを解説します。...

『ベーシック』『マグナムグランド』との違いは自動ガス注入機能の有無!

『ベーシック』や『マグナムグランド』は、シリーズ601よりも古いタイプの炭酸水メーカーです。

これらの機種には、「自動ガス注入機能」がありません。ボタンを数回押して炭酸ガスを注入するタイプです。

マグナムグランドのボタン
マグナムグランドは、ボタンを自分で何回か押して炭酸水を作るタイプ

シリーズ601は「自動ガス注入機能」を搭載しており、これらの機種よりも使い勝手がよく便利になりました

ドリンクメイトのベーシックを徹底レビュー!特徴や使い方、口コミ、コスパを解説ドリンクメイトの「ベーシック」を徹底レビュー!ベーシックは、お酒やジュースにも対応している、シンプルながら高機能な炭酸水メーカーです。この記事では、ベーシックの特徴や口コミ、使い方、コスパについて解説します。...

『マグナムグランド』や『シリーズ620』、『シリーズ630』との違いは、マグナムガスシリンダーが使えるかどうか

『マグナムグランド』や『シリーズ620』、『シリーズ630』では、コスパ抜群の「マグナムガスシリンダー」が使えます。

マグナムガスシリンダーは、500mlあたり最安12円で炭酸水が作れる、超お得なガスシリンダーです。

シリーズ601ではこのマグナムガスシリンダーが使えず、上記の機種よりコスパが悪くなっています。

『シリーズ630』との違いは、電動タイプであるか手動タイプであるか

ドリンクメイトの現行モデルの中で最新の『シリーズ630』との違いは、電動タイプであるという点です。

シリーズ630では、電源を通すことで炭酸の強度を6段階から調節できるようになり、ガスの残量も表示されるようになります。

こういった機能は確かに便利である一方、電源を確保する必要があるため、置き場所が限定されるといったデメリットもあります

手動タイプであるシリーズ601には、このような機能はありません。

『シリーズ560』や『マグナムスマート』との違いは、水以外にも対応しているか水専用モデルか

『シリーズ560』や『マグナムスマート』との違いは、水以外対応モデルか水専用モデルか、という点です。

シリーズ560やマグナムスマートは、ドリンクメイトには珍しい水専用モデルです。

シリーズ560では自動ガス注入機能が搭載されており、マグナムスマートではマグナムガスシリンダーが使えるなど、それぞれ独自の機能を持っていますが、ジュースやお酒には使えません。

シリーズ601は水はもちろん、お酒やジュースにも炭酸を入れられるため、これらの機種よりも高性能なモデルです。

【総合レビュー】ドリンクメイトの『シリーズ601』は買うべき?どんな人におすすめ?

ドリンクメイトシリーズ601がおすすめな人は?

ここまで紹介してきたレビューのまとめとして、ここでは、『シリーズ601』を買うべきなのはどんな人なのか、について簡単に解説します!

『シリーズ601』がおすすめなのは、初期費用を抑えつつ自動注入で楽に炭酸水を作りたい人!

ドリンクメイトの『シリーズ601』がおすすめなのは、次のような人です。

ドリンクメイトの『シリーズ601』がおすすめな人
  • 自動ガス注入機能で楽に炭酸水を作りたい人
  • 泡のキメが細かいシュワシュワした炭酸水が好きな人
  • ジュースやお酒にも炭酸を入れたい人

シリーズ601がおすすめなのは、やはり自動ガス注入機能が便利だと感じる人です

一回ボタンを押せば、あとはほったらかしで炭酸水ができるため、朝の忙しい時間にパパっと炭酸を作るときなどにはかなり重宝します。

おまけに、シリーズ601は自動なのに電源が必要ありません。置き場所を自由に決められます。

また、シリーズ601で作った炭酸水は、泡のキメが細かくシュワシュワした刺激の炭酸水です。

飲みやすく、のど越しの良い炭酸水で、バチバチはじける強炭酸が苦手な人ならきっとおいしく飲めるでしょう。

もちろん、ジュースやお酒に炭酸を入れたい人にもシリーズ601はおすすめです。

個人的には、炭酸水で割っても良し、直接炭酸を入れても良しのシリーズ601は、お酒飲みにこそ使ってもらいたい炭酸水メーカーです。

『シリーズ601』が向いていないのは、ガスの強度を調節したい、ランニングコストをもっと抑えたい、という人

シリーズ601が向いていないのは、次のような人です。

ドリンクメイトのシリーズ601が向いていない人
  • 自分で炭酸の強度を調節したい人
  • コスパの良い炭酸水メーカーが欲しい人
  • シンプルな使用感の炭酸水メーカーが欲しい人

強度調節ができないシリーズ601では、炭酸の強度を微調整できません

そのため、自分好みの炭酸強度に仕上げたい人なら、上位モデルの『シリーズ620』や、すべて手動で作る炭酸水メーカーを買うのがおすすめです。

また、コスパを最重要視するなら、マグナムガスシリンダーが使える『シリーズ620』や『マグナムグランド』を買った方がよいでしょう。

加えて、シリーズ601は確かに便利ではありますが、インフューザーを装着したりパーツを外して手入れしたりと、使用感はそれなりに複雑です。

とにかく炭酸水が作れればそれでいい!」という人なら、『ベーシック』や『マグナムグランド』のようなシンプルなモデルや、ソーダストリームの手動モデルがおすすめです。

【比較表あり】炭酸水メーカーの最新おすすめランキング19選!選び方やコスパ、使い方まで徹底解説2023年最新のおすすめ炭酸水メーカーを比較表つきで18機種、ランキング形式で紹介!「自宅で気軽に炭酸水を楽しみたい!」という方には、炭酸水メーカーがおすすめです。炭酸水メーカーの選び方やコスパ、使い方まで徹底解説します。...
ソーダストリームとドリンクメイトを徹底比較!おすすめ炭酸水メーカーベスト3も紹介!ソーダストリームとドリンクメイトを徹底比較し、おすすめ機種ベスト3を紹介!ソーダストリームとドリンクメイトは、炭酸水メーカーの2大ブランドです。両者の細かい違いやどっちを買うべきかについて、7つのポイントから徹底解説します。...

【口コミ】ドリンクメイトの『シリーズ601』を買ったみんなの感想は?

ドリンクメイトシリーズ601の口コミ紹介

ここでは、ドリンクメイトの『シリーズ601』を実際に買った人の良い口コミ、悪い口コミを見ていきましょう!

良い口コミではお客様対応が丁寧だ、という意見が多く見られた

良い口コミで印象的だったのは、お客様対応が丁寧だった、という意見です。

これについては、私自身も実際にドリンクメイトに問い合わせて感じており、かなり好印象を持っています。

サポート体制が充実しているため、安心して購入できるというのは、かなり重要なポイントですよね

その他、コードレスなのがうれしい、コスパが良い、掃除がしやすいなどといった意見が多く見られました。

一部の商品が後で送られると丁寧に手紙がありました。
簡単に2回プッシュぐらいで炭酸ソーダになります。水でつくると甘くなく美味しいです。缶詰フルーツ入れると最高です。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

これは商品ではなく、配達に対しての評価です。
(中略)
商品が良いか悪いかは分かりませんが、配達のトラブルで不快な思いをしました。
追記です。
翌日の7/25にドリンクメイトさんから連絡があり、商品をまた発送してくれると連絡がありました。
早い対応に感謝です。またドリンクメイトさんは悪くない中、丁寧で迅速な対応に好感を持ちました。ありがとうございました。

引用元:【楽天市場】\マラソン期間 5%offクーポン発行&ポイント最大31倍/【公式ストア限定セット】Series601 スターターセット 特別限定セット 専用Sボトル ドリンクメイト 炭酸シリンダー 炭酸水 ジュース 水 スパークリング コーラ サワー 酎ハイ 炭酸水メーカー ソーダメーカー ギフト(ドリンクメイト 公式楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ (rakuten.co.jp)

夫の誕生日プレゼントに購入。
お酒好きな夫はとても喜んでくれました!!
途中配送業者の荷物行方不明があり日付指定に届かないかも!という事態となりましたが、ショップ側からも宅急便業者に連絡を取ってくださったりとても丁寧に対応していただき、無事に指定時間に届きました。

引用元:【楽天市場】\マラソン期間 5%offクーポン発行&ポイント最大31倍/【公式ストア限定セット】Series601 スターターセット 特別限定セット 専用Sボトル ドリンクメイト 炭酸シリンダー 炭酸水 ジュース 水 スパークリング コーラ サワー 酎ハイ 炭酸水メーカー ソーダメーカー ギフト(ドリンクメイト 公式楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ (rakuten.co.jp)

買って良かったです
初めは使い方のコツが掴めず戸惑いましたが、3日目からはスムーズに使える様になりました。
電気も使わないので使いやすいです。
もっと電気を使わずコードレスな事も全面に
出したら良いのにと思います。
強炭酸なら何秒を何回押す。
それならペットボトルだと何円分になるとかの
説明があると親切だなとも思いました。

引用元:【楽天市場】\マラソン期間 5%offクーポン発行&ポイント最大31倍/【公式ストア限定セット】Series601 スターターセット 特別限定セット 専用Sボトル ドリンクメイト 炭酸シリンダー 炭酸水 ジュース 水 スパークリング コーラ サワー 酎ハイ 炭酸水メーカー ソーダメーカー ギフト(ドリンクメイト 公式楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ (rakuten.co.jp)

ソーダストリームを長く使ってきましたが、ガス抜き時のオーバフローが本体内で起こり、非衛生で、分解そうじが頻繁に必要でした。ガス抜きの機構が取り外して洗浄できるのようになり非衛生の問題は完全に解決しました。まさに待ち望んだ製品です。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

毎日の晩酌がこんなに楽しくなるなんて、もっと早く買えばよかった。
予想外に嬉しかったのはオマケのようについてきたタンブラーが真空保温で
まったく結露もなく夜中に入れた氷が朝まで溶けない。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

毎日飲んでます!!
購入するまでは迷いがありましたが、ペットボトル炭酸を買いに行かなくていいし、運ばなくていいし、箱買い炭酸を置いとく場所もいらなくなったし、ペットボトルの処分もない!
買ってよかった!!

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

知人が、この商品を使用しており、良さそうなので、購入させて頂きました。結果は大正解でした。購入後、毎日使用しております。私は年もとっておりますが、医師から「水分をもっと摂取する様に」と指摘を受けておりました。ビールならある程度飲めますが、水分補給にはならないとも言われますし、水だとそんなには飲めません。でも、炭酸水なら、味を付けなくでも結構飲めます。慣れると美味しく感じます。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

悪い口コミでは説明書がわかりにくい、コスパはそんなに良くないという意見が見られた

悪い口コミで目立ったのは、説明書がわかりにくい、というものです。

確かに、ドリンクメイトの取扱説明書は簡素なもので、わかりにくいと感じるかもしれません。

最初にシリーズ601を使うときは、ネットで以下のような使い方の記事を見ながらやるのが良いかもしれませんね。

炭酸水メーカーの使い方・コツ・仕組み・注意点まとめ!自宅で安全においしい強炭酸を作る方法炭酸水メーカーの使い方やコツ、仕組み、注意点をまとめて解説!炭酸水メーカーは、自宅で誰でも簡単に炭酸水を作れるマシンです。この記事では、初めて炭酸水メーカーを買う人のために、基本的な使い方や注意点を画像付きで解説します。...

また、コスパがそれほどでもない、という意見も見られました。

実際、ガスシリンダー1本では公式が伝えている60Lにはとても届かず、強炭酸だとせいぜい30L強が関の山です。

これに関しては、もう、仕方がないので、そういうものだと思って使うしかないと思います。

その他、ボタンが重い、インフューザーが故障しやすい、といった口コミが見られました。

説明書が分かりにくいので、★4です。炭酸は強めに入れられました。強炭酸までには感じませんでしたが中の上程度の強さと思います。初めて入れたので、ボンベが空になって来たらどうなるか今は不明です。

引用元:【楽天市場】\マラソン期間 5%offクーポン発行&ポイント最大31倍/【公式ストア限定セット】Series601 スターターセット 特別限定セット 専用Sボトル ドリンクメイト 炭酸シリンダー 炭酸水 ジュース 水 スパークリング コーラ サワー 酎ハイ 炭酸水メーカー ソーダメーカー ギフト(ドリンクメイト 公式楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ (rakuten.co.jp)

(前略)
問題はガス入れの動作。
説明ではしっかり押し込むと設定された濃度まで注入されますとしか書いてない。どれだけ押し続けるのか、すぐ離しても良いのか、設定は何秒動作するのかどの説明が無い。
実際押したら1秒位でガスが止まる為、これが正しい動作なのか分からず再度付け直して今度は一分以上押し続けて‥止まらず??
結局ネットのレビューや動画で調べて、どうやら1秒程度の注入動作で正しい事がわかりました。
肝心の炭酸ですが、4回プッシュでも、間違えた一分連続注入でも刺激強度は変わらない感じでした。開けて2日目以降のペットボトルコーラみたいかな。市販の強炭酸が好きな人は確実に物足りないと思われます。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

ボンベ一本で20日程使用出来ました。飲みたい時に炭酸があるのは素晴らしいですし、保管場所やゴミを考えなくて良いのは気に入っている部分です。
ただ、本体や専用の付属消耗品の値段を考えると、広告にあるほど金銭的なお得感は感じられないかも。
初期設備の費用がそれなりに掛かるので、最終的に炭酸水のみで考えた場合はお得を感じるまでには至らないかも…という事を理解して購入を考えた方が良いと思います。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

単純なコスパだけで考えるなら、ガスシリンダー三本分くらい使用しないと元はとれないだろう。
それより炭酸水の購入やペットボトルのゴミ捨てといった作業から解放されるメリットを重視したい人におすすめ。機器自体もせいぜい一升瓶程度のサイズなので、大量に保管してペットボトルゴミを溜めこむよりかさばらないだろう。
(自分は水のきれいな地域に住んでいるため、水道水をそのまま使えるという点もあるが)
使い勝手、炭酸水の出来は申し分ない。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

二酸化炭素をボトルに噴出させる時に使用するボトルキャップの上部開閉部が閉まらなくなりました。
それにより、ボタン長押しで自動的に最適な炭酸濃度にする機能が使えません。
手動で何度か押して自分なりの二酸化濃度にして使っています。
原因として考えられるのは、一度マスカットジュースに炭酸を注入した際に上部より泡が出た事かと思います。
すぐに洗浄しましたが内部に糖分が残って居て開閉部のシャッターの閉まりに影響があるかと思います。
分解洗浄出来れば良いのですが、そういった作りでは無いため、水を炭酸にする用途で使ってますが、それならワンランク下の製品でも良い訳で・・・。

引用元:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【ドリンクメイト公式 Shop 限定】Series601 スターターセット ” 特別 オリジナルセット” ブラック(専用Sボトル・ ステンレスタンプラーが標準セット)

デザインも重さも文句なしです。ですが、二酸化炭素を注入する際に押すボタンが商品の頭頂部についており、押すのに力が要るので、高い位置に置くとうまく押せません。でも購入してよかったです。

引用元:【楽天市場】\マラソン期間 5%offクーポン発行&ポイント最大31倍/【公式ストア限定セット】Series601 スターターセット 特別限定セット 専用Sボトル ドリンクメイト 炭酸シリンダー 炭酸水 ジュース 水 スパークリング コーラ サワー 酎ハイ 炭酸水メーカー ソーダメーカー ギフト(ドリンクメイト 公式楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ (rakuten.co.jp)

ドリンクメイトの『シリーズ601』はどこで買うのがおすすめ?

ドリンクメイトシリーズ601はどこで買うべき?

ドリンクメイトの『シリーズ601』は、以下の3つの場所で買うことができます。

ドリンクメイトのシリーズ601はどこで買う?
  • Amazonや楽天、YahooショッピングなどのECサイト
  • ドリンクメイト公式サイト
  • ドリンクメイト取扱店

ドリンクメイトの炭酸水メーカーは、基本的にAmazonや楽天、Yahooショッピングなどで買った方がお得です

というのも、Amazonや楽天などでは正規価格よりも安かったり、ガスシリンダーがお得に買えたりする特別限定スターターセットが販売されており、公式サイトよりもお得に購入できるからです。

公式サイトでは、正規の価格でシリーズ601を購入できます。特におまけがついているわけでもなく、お得感はあまりありません。

また、シリーズ601の現物を見て買うか決めてい方なら、取扱店を一度訪れてみるのがおすすめです。

Amazonや楽天、Yahooショッピングでは特別セットがセール価格で販売されている!

Amazonや楽天、YahooショッピングなどのECサイトでは、シリーズ601の特別限定セットがドリンクメイト公式店より販売されています

特別限定セットはいくつかの種類がありますが、違いは同梱されている予備のガスシリンダーの本数だけです。

例えば、「超特別オリジナルスターターセット」はガスシリンダーが2本もついてくるうえ、12,980円という格安価格で購入できます。

超特別オリジナルスターターセットの内容
  • シリーズ601本体
  • 60Lガスシリンダー2本
  • Lサイズボトル+キャップ
  • Sサイズボトル+キャップ
  • オリジナルタンブラー
  • 取扱説明書
  • 保証書

ガスシリンダーは2~3本あれば十分なので、この超特別オリジナルセットを購入しておけば困ることはほぼありません。

個人的には、ガスシリンダーは3本欲しいと思っています
というのも、ドリンクメイトの交換用ガスシリンダーは、Amazonや楽天で買う場合、2本で送料無料になるからです。

2本の交換用ガスシリンダーが届くのを待つ間に、3本目を使っていれば、途切れることなく毎日炭酸水を楽しめます。

ガスシリンダーの交換用・予備用の違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ドリンクメイトのガスシリンダーの予備用と交換用の違いとは?値段がお得なのはどっち?ドリンクメイトのガスシリンダーには、予備用と交換用の2種類があります。交換用は使い切ったガスシリンダーと交換することで、予備用よりも安く購入できます。この記事では、ドリンクメイトのガスシリンダーの種類や購入方法について解説します。...

公式サイトでは『シリーズ601』を正規価格で確実に手に入れられる

ドリンクメイトの公式サイトでは、シリーズ601を正規の価格で購入できます。

シリーズ601正規品のセット内容
  • シリーズ601本体
  • 60Lガスシリンダー1本
  • Lサイズボトル+キャップ
  • 取扱説明書
  • 保証書

送料や支払い方法については、以下の通り。

支払い方法クレジットカード
銀行振込
代金引換
送料全国一律500円
5,000円以上購入で送料無料
会員登録不要
表:ドリンクメイト公式サイトでの支払い方法と送料

ただ、シリーズ601の正規価格は16,368円となっており、Amazonや楽天などの特別セットに比べるとかなり割高です。

公式サイトで買う一応のメリットは、確実に正規品を手に入れられることですが、特別セットを販売しているAmazonや楽天のショップもドリンクメイト公式店なので、品質に大きな違いはないでしょう。

実物を見て決めたいならドリンクメイト取扱店で購入するのがおすすめ

シリーズ601を実際に見て購入を判断したいなら、ドリンクメイトの取扱店に行ってみましょう。

ドリンクメイトの取扱店は、全国の家電量販店やリカーショップ、デパートなどたくさんあります。

ドリンクメイト取扱店の例
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ノジマ
  • ケーズデンキ
  • 東急ハンズ
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ドン・キホーテ
  • カクヤス etc…

自宅の近くの販売店を知りたい方は、以下のドリンクメイト公式ページで検索してください。

おそらく正規価格で販売しているところがほとんどですが、店舗によってはセールを行っていることもあるため、一度覗いてみるのがおすすめですよ!

ドリンクメイトの『シリーズ601』の基本的な使い方

ドリンクメイトシリーズ601の基本的な使い方

ここでは、ドリンクメイトのシリーズ601の基本的な使い方をご紹介します。

ドリンクメイトのシリーズ601は、以下の手順で使用してください。

シリーズ601の基本的な使い方
  1. ガスシリンダーをセットする
  2. ボトルに水を入れ、インフューザーをセットする
  3. ボトルを本体にセットする
  4. ボタンを奥まで押し込みガスを注入する
  5. ボトルを取り外してガス抜きをする
  6. インフューザーを外してキャップをつけて保存する

炭酸水メーカーの基本的な使い方については、以下の記事も参考にしてください。

炭酸水メーカーの使い方・コツ・仕組み・注意点まとめ!自宅で安全においしい強炭酸を作る方法炭酸水メーカーの使い方やコツ、仕組み、注意点をまとめて解説!炭酸水メーカーは、自宅で誰でも簡単に炭酸水を作れるマシンです。この記事では、初めて炭酸水メーカーを買う人のために、基本的な使い方や注意点を画像付きで解説します。...

1.ガスシリンダーをセットする

まずは、本体背面のカバーを外して、ガスシリンダーをセットしましょう。

ガスシリンダーの装着は、ねじ込み式です。

本体を持ち上げて下部の穴にガスシリンダーを通し、先を本体の装着口に当てて、右回しにねじ込んでください。

シリーズ601の使い方1
ガスシリンダーは本体下部の穴に通してセットする
シリーズ601の使い方2
ガスシリンダーの先をネジ穴に差し込み、右に回して固定する

立てた状態だとガスシリンダーがセットしにくい場合は、本体を寝かせた作業してもOKです。

ガスシリンダーのやりやすい取り付け方
やりにくい場合は本体を寝かせて作業するのもOK

ガスシリンダーがセットできたら、背面カバーを元に戻して完了です。

2.ボトルに水を入れ、インフューザーをセットする

次に、ボトルに水を入れてインフューザーを取り付けます。

ドリンクメイトのボトルには、「ここまで水を入れてください」という水位線が示されています。

ドリンクメイトのボトルの水位線
ドリンクメイトのボトルには水位線があり、850mlまで入れられる

水以外のジュースやお酒に炭酸を入れる場合は、適正容量は「350ml」です。下の水位線に合わせてください。

水以外の水位線
水以外のジュースやお酒に炭酸を入れる場合は、350mlの線まで入れる

水を入れたら、インフューザーのノズルをボトルに差し込み、左に回して固定します。

シリーズ601の使い方3
インフューザーはノズルをボトルに差し込み、左に回して固定する

3.ボトルを本体にセットする

インフューザーを装着したボトルを本体にセットしていきます。

まずは、ボトルの装着口が斜めになっていることを確認してください。

本体のボトル装着口にはくぼみがあります。このくぼみにインフューザーのレバーを合わせ、右に回して固定します

シリーズ601の使い方4
シリーズ601のボトル装着口には3ヵ所のくぼみがあり、そこにレバーを合わせながら右に回して固定する

ボトルが固定されたら、ボトルを奥へ倒して、真っすぐ垂直につるしてください。

シリーズ601の使い方5
ボトルを固定できたら、奥に倒して垂直につるして準備完了!

4.ボタンを奥まで押し込みガスを注入する

ボトルがセットできたら、炭酸ガスを注入していきます。

シリーズ601には、自動ガス注入機能がついています。ボタンを両手の親指で一気に奥まで押し込みましょう

シリーズ601の使い方6
ボタンを奥まで押せば、自動でガスが注入される。ボタンは結構重いので両手の親指で押し込もう

ボタンをしっかり押し込むと「カチッ」という音が鳴ります。そこまで押し込んだら指を放してください。

ガスの注入が終わると「バチン」という音が鳴って、ガスが止まります。

ちなみに、ボタンを浅く押せば炭酸を少しずつ追加することも可能です。
炭酸の強度が足りないという人は、ボタンを浅めに短く押してガスを追加してください。

ただし、長押しするとガスが注入されすぎてしまい、破損につながる恐れがあります。必ず短く、数回に分けて押しましょう。

5.ボトルを取り外してガス抜きをする

ガスの注入が終わったら、ボトルを取り外してください。

まずはボトルが斜めになるよう手前に引きます。それから、インフューザーの部分を手でもって、左に回して取り外しましょう。

シリーズ601の使い方7
ボトルを手前に引いて斜めにしてから、インフューザーを押さえながら左に回す

ボトルを取り外したら、ガス抜きする前に軽く振るのがおすすめです。

ボトルを振ると炭酸ガスが水全体によくなじんで、おいしく飲めます。

ボトルを取り外したら、ガス抜きを行います。

水に炭酸ガスを入れた場合は、側面のレバーを一気に回してください。

シリーズ601の使い方8
ボトルを取り外したら、ガス抜きをする。水の場合、レバーを一気に奥まで回せばOK

水以外のジュースやお酒に炭酸を入れた場合は、目印の点の2つめくらいまでレバーを回し、少しずつガスを抜いていきましょう。

インフューザーの目印
新型インフューザーにはレバーの横に目印の点が打ってある。お酒やジュースに入れる場合は、2つめに小さい点くらいでレバーを固定してガス抜きしよう

ジュースやお酒の場合は一気にガスを抜くとあふれる可能性があるため、注意してください

ドリンクメイトのインフューザーには2種類ある!違いや対応機種を徹底解説ドリンクメイトのインフューザーには、新型と旧型の2種類があります。2つのインフューザーは対応機種が違っているため、購入の際には注意してください。この記事では、ドリンクメイトのインフューザーの違いや互換性、使い方について解説します。...

6.インフューザーを外してキャップをつけて保存する

ガス抜きが済んだら、インフューザーを外してキャップをつけましょう。

シリーズ601の使い方9
完成した炭酸水は、キャップをつけて冷蔵庫で保存しよう

インフューザーは、右に回して取り外します。

ボトルにキャップをつけ、冷蔵庫で保存してください。

まとめ

まとめ

それでは最後に、ドリンクメイトのシリーズ601がおすすめなのはどんな人かについて、もう一度まとめます!

ドリンクメイトの『シリーズ601』がおすすめな人
  • 自動ガス注入機能で楽に炭酸水を作りたい人
  • 泡のキメが細かいシュワシュワした炭酸水が好きな人
  • ジュースやお酒にも炭酸を入れたい人

シリーズ601は、基本的にはシリーズ620の下位互換で、値段も2,000円ほどしか変わりません。

なので、正直なところ、よほどのことがなければ、シリーズ620を買っておくのがおすすめです。

が、Amazonや楽天で売っている特別セットは、通常のスターターセットであれば10,000円を切っているし、超特別オリジナルセットなら予備用のガスシリンダーもお得にもらえます

Amazonや楽天で買うのであれば、シリーズ601は選択肢に十分入ってくるでしょう。

炭酸水メーカーには、シリーズ601以外にもたくさんの種類があり、それぞれ機能や特徴、デザインなど個性があります。

『炭酸ライフ』ではさまざまな炭酸水メーカーを比較・レビューしているので、興味のある方は他の記事もぜひ参考にして、あなたにぴったりの一台を見つけてくださいね。

【比較表あり】炭酸水メーカーの最新おすすめランキング19選!選び方やコスパ、使い方まで徹底解説2023年最新のおすすめ炭酸水メーカーを比較表つきで18機種、ランキング形式で紹介!「自宅で気軽に炭酸水を楽しみたい!」という方には、炭酸水メーカーがおすすめです。炭酸水メーカーの選び方やコスパ、使い方まで徹底解説します。...
ソーダストリームとドリンクメイトを徹底比較!おすすめ炭酸水メーカーベスト3も紹介!ソーダストリームとドリンクメイトを徹底比較し、おすすめ機種ベスト3を紹介!ソーダストリームとドリンクメイトは、炭酸水メーカーの2大ブランドです。両者の細かい違いやどっちを買うべきかについて、7つのポイントから徹底解説します。...
ABOUT ME
santan
毎日2リットルの炭酸水を飲んでいる炭酸大好きな30代男性。2022年の冬にソーダストリームの「ART」を購入して以来、炭酸水メーカーの魅力にすっかりはまり、色々なマシンを試している。 2021年の春からダイエットのために酒⇒炭酸水に置き換え、半年で-10kgのダイエットに成功。お酒の割り材にしたり料理に使ったり、炭酸泉に入ったりと炭酸ライフを満喫中!